SSブログ

リーガル・ハイ 2話 感想 新垣結衣 [ドラマ]

リーガル・ハイ」の第2話の感想いきまっす!

ネタバレ注意です☆

友近さんが歌手の役、歌が上手いですね~v

削れる必要経費、うんうん、その贅沢品の数々、庶民だったら削れるね!

って古美門は庶民じゃないし(?)、まず庶民だったらクルーザーとか持たないか。(苦笑)

今回のお話はヒット曲のパクリのお話。

服部は曲を聴いて楽譜を起こし~…って、逆にできないことを知りたいくらいだわ。^^

報酬額に納得できず、しずかが好きなせいでノリの悪い古美門でも、服部の操縦も巧し。

まんまとノせられる古美門、単純だなあ。(笑)

ツボがわかれば、御しやすいかも>古美門。

ぱくりと言われる曲を作った葛西のバックには三木。

2話目にして、早くもこの二人の対決が!?

って、わざわざ宣戦布告をしに、三木と葛西の元に行く古美門。

この人の思考って、ホントに極端~☆

まあ、この行為自体が古美門にはたまらない快感なんでしょうね~。(笑)

きっと快感ホルモンが大放出に違いない。^^

さて、問題の公判。

古美門の弁は立つけど、黛の歌は…。あっはは~。>▽<

それもこれも、あらかじめ打ち合わせしてないからだよん。(苦笑)

この時の古美門の表情も面白いけどね♪

荒川ボニータの家のシーン、いちいち古美門の表情がおかしい☆

ポテチの油のついた指をテーブルになすりつけるとか、コミカルな演技が細かい~。

って、ここでまたでっちあげをしようとする古美門ですが、ここでは失敗。

さすがに毎回は使えないかな。(苦笑)

法廷で歌いだしたジャンゴジャンゴ東久留米に、面白がって笑う古美門。

この笑いが曲者だなあ。

三木がなにか引っかかった表情をしているけど、これも古美門の想定内?

実家に嫌がらせが入ると、弱気になって訴えを下げると言い出すボニータ。

化粧を落とすと、人格変わるっぽい?

今度は古美門の家に上がりこむ三木と沢地。

いけしゃあしゃあと椅子にふんぞりかえり、スイーツまで頂いちゃってますよ。

こりゃ、どっちもどっちだ~!(笑)

子供のケンカみたいなやり取りですよね。

まあ、それが楽しいんですけどv

で、服部は手抜きもちゃんとする、と。^^

いいね~、メリハリがあって♪

次の公判でゴーストライターの噂を出して、揺さぶりをかける古美門。

認めなかったことが実はマイナスだったのか。

しかし、葛西のプライドはそれを許さず、と。

ボニータたちの話から、昔のバンドメンバーの1人が浮上。

葛西のゴーストライターとして、シャルロット松戸=小枝子は自分の作った歌だけでなく、ボニータの歌まで葛西に提供していた。

ってそこには、小枝子のボニータへの復讐もあって…。

法廷で証言すると言いながら、小枝子は三木が先回りして吹きこんだ通りに曲の提供を否認。

ここで、古美門の切り札はスーツを着たボニータと、録音した小枝子の声。

古美門と三木、狐と狸の化かしあいだな~。

先読み、先読みで先の一手を打ち合う、いいね~。

「私は子供を取り返したいです」

自作の歌をそう話すボニータ。

和解金を…という葛西はプライドじゃなく、関わる周囲の人のことを考えていた。

ボニータ側の考えも変わり、結果は古美門の働き損に。(笑)

欲張るとロクなことにならないね~。^▽^;

すべてをなくしても古美門を引き摺り下ろすと宣言する三木。

そこまで執着するなんて、なにが??

そう言われた古美門の表情は、かなり意気消沈。

でも、ラストは「柊しずかに会えなかった!」とやっぱりギャグなのね~。

ボニータと小枝子の友情も復活しそうだし、よかったよかった。

さて、今回はけっこう古美門をたしなめていた黛。

だんだんとコツがわかってきた?

まあ、古美門には効いていない感じですけどね。

いつか服部くらい古美門をコントロールできるようになるといいね~。^^

新垣結衣 2012年カレンダー
新垣結衣 2012年カレンダー
Amazon

ネットで新垣結衣さんのものを探してみる?

楽天 > 新垣結衣


Amazon > 新垣結衣
nice!(0)  トラックバック(13) 

nice! 0

トラックバック 13